住民税の控除について

住民税は、中身は均等割りとか所得割とかいろいろありますが、 計算の基本になるものは、
前年の総収入金額マイナス控除金額です。

収入が多くても、控除が多くなれば住民税が安くなっていきます。
控除とはある一定の金額を引くことができる制度です。 さまざまな控除がありますので、次に種類を見ていきましょう。

・基礎控除 収入がある人全ての人に認められている金額です。 33万円です

・配偶者控除と配偶者特別控除 配偶者の収入により変わりますが、配偶者控除は33万円 配偶者特別控除は33万円

基礎控除と配偶者控除と配偶者特別控除を合わせると99万円になります。
配偶者の収入が100万円を超えると住民税が発生します。いわば100万円の壁といわれています。
住民税はごくわずかですので、あまり気にすることはないかもしれません。

house01"

・扶養控除
子供だけでなく両親に仕送りしている場合も含まれます。
両親の場合は、同居しているかしていないかは関係なく、
収入や年齢により変わっていきます。
また同居している方が同居していない方が多くなります。

・医療費控除
前年にかかった医療費をすべてではないですが、認めてくれる控除です。 一般的には10万円を超えた分となっています。

・地震保険料控除
地震保険に入っている方は、全てではないですが、計算して一部認めてくれる控除です。

ほかに寄付金控除や寡婦控除、寡夫控除、障害者控除などがあります。
確定申告をしないといけない場合もあります。
ご自身でしっかり計算して確定申告をしていき 少しでも税金を減らすことを考えていきましょう。

このページのトップへ